そしてやっと診断されました

引き続き DIOに温かい励ましの言葉を頂きありがとうございます。
退院したものの、 まだ 薬の調整がうまくいかず
DIOにはキツイ思いをさせています。
決められたお薬は一日に半錠なのですが、 その量では少ないかも?って感じる事も。
DIOの状態にあった量が決まるまでは毎週日曜日ごとの通院です。

そして、4/18 は退院後初めての診察でしたが・・・ 案の定というか・・・ やはり自宅で管理するのは大変なんだなぁ
と思い知らされるような検査結果に 凹みましたが、 まだ 始まったばかりで弱音は吐かないそ~と。
そして、 午後は先生に許可をもらって 通ってるトリミングサロンの 歯磨き講習会へ!
ワンコが一杯で DIOさんかなりドキドキだったようですが、 終了後には参加者さんのパパママからちゃっかり
オヤツを貰ってました(^^ゞ
ストレスを気にして 一生部屋に閉じ込めておくわけにはいかないので 徐々に ムリのない範囲でお外にも連れ出して
行こうと思います!


頂いたメッセージ・・・ オープンのコメの方にはブログのコメント欄より、その他ブログ、メアドの分かる方
それと オーダー関係のご連絡を頂いた方には時間を見つけてお返事させて頂きますので
もう少々お待ちいただければ幸いです。

**********************************************************************

4月6日(日) 異変から13日後 

この日は朝から雨でした。
この日も朝ごはんをほとんど食べないDIO
このままじゃ本当に低血糖になるな・・・と思い、 ニュートリスタット (栄養補強材) を 口をこじ開けて
                              ↑ の  詳しい説明はココの記事の下の方を見てね★

上顎に塗っときました! 糖不足が一番怖いから! (脳をやられない為にも!) 
そして、 開院時刻の9時と同時に 病院に駆け込みました!

さすがに 月曜日の朝一から 来るワンコはいないのねぇ^^;
問診票を記入後 すぐに診察室に呼ばれました。


先生に 動画を全部見せて、今までの経緯を詳しく 一気に話しました。
体重測定と 検温の後、 DIOの体の隅々まで 触って 診察してくれる先生を見ながら 

そう言えば・・・いつも行ってた病院では こんなに たくさんDIOを触ってくれなかったなぁ~とぼんやり考えながら見てた気がします。

触診の後、 DIOの最近の様子を話すと  ちょっと気になる事があるから まずはすぐに採血しましょうと。


そして、 見せられた検査結果
血中に尿素窒素(BUN) が異常に高い事と 倦怠感が激しい事で まずは 腎機能の低下を疑ったんだけど・・・
IMG_0448.jpg
BUN が111って・・・そりゃ倦怠感MAXだったでしょう(>_<)

それより 何より 電解質のバランスが 激しく乱れてる 事を考えると 「 アジソン病 」 である可能性が高いと思います
IMG_9999_20150420165223b5f.jpg


アジソン病の詳しい説明等は  ココ ★ を参照してください。

本当にアジソン病かどうかは ACTH検査( 血中に含まれる副腎皮質ホルモン量を測定する )を しなければ 分からないが、 DIOのこれまでの症状( 体重減少、食欲減退、極度の倦怠感、体温の低下 など ) と 低ナトリウム、高カリウムの結果を見る限りでは 8割がた アジソンだと 思う、 そして、現状 物凄く危険な状態なので、 今すぐ入院出来ますか?と・・・


この 結果を聞いた時 真っ先に思ったのは
ほら やっぱり DIOは病気だったじゃないかぁ! と言う、 変な安堵感でした。
病気が分かって安堵感って言うのは 物凄く変ですが、 今まで どんなに DIOの様子が変!って 訴えても
大丈夫、 緊急性は無いです! って 言われ続けてきた 私としては やっと 分かってくれる人がいたよ!!!
って言う気持ちの方が大きかったんだと思います。

とは言うものの 入院するほど悪いとは思ってなかったので^^;
ちょっと オロオロしつつ 入院承諾書にサインしたり、 入院の内金を払ったり  バタバタ・・・
その間 DIOとのしばしの別れを惜しむ暇もなく  あ!っと言う間に DIOさんは 看護師さんに連れて行かれました~(ノД`)・゜・。

でも・・・ 大人しく連れて行かれるDIOの顔も なんとなく ホッとしてるように見えて・・・
これで しんどいのから少し解放されるなら 良かった・・・とも思ったのでした。


入院するにあたって 先生との約束事は
1、ストレスが一番禁忌だから お見舞いには来ない事
2、毎日17時以降に 必ず 飼い主さんから 状態の確認の電話を入れる事
3、病院からの電話は・・・ 悪い事が起こった時だと思ってください。
と・・・ なので 毎日 17時までは落ち着かなかったし、 病院からの電話が鳴らないかびくびくする 1週間でした。



今日も ほぼ 字ばっかりでスイマセン<(_ _)>
次回、 入院時の事を書いたら  ちょっと楽しい記事も書きます。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村